糖質ゼロ・糖質オフ・低糖質の違いはなんですか?

糖質ゼロ・糖質オフ・低糖質の違いについて教えてください。

監修者プロフィール

宮﨑奈津季|管理栄養士

管理栄養士、薬膳コーディネーター。身近な人たちが生活習慣病に苦しんでいる中で、食で病気を予防したいと思うようになり、管理栄養士を目指す。学生時代に料理教室やセミナーの企画運営、管理栄養士と学生を繋ぐきっかけ作りを中心に活動。現在、「誰かのために料理をする」きっかけ作りを軸に活動中。

食品100gもしくは飲料100mLあたりの糖類の含有量が違います。

糖質ゼロとは、食品100gもしくは飲料100mLに含まれる糖類が0.5g未満の場合に表示されます。

したがって糖質が全く入っていない場合以外でも糖質ゼロと書かれている場合があります。「ゼロ」の他、「無」「ノン」「レス」も同様です。

糖質オフや低糖質、控えめというように「低い」という旨が書かれた表示は、糖類が食品100gあたり5g未満もしくは飲料100mLあたり2.5g未満の場合に使用されます。

これらの「糖類」というのは定義上、ブドウ糖や果糖などの単糖類と、ショ糖や乳糖などの二糖類のいずれも含まれます。

一方、キシリトール、エリスリトールなど糖アルコールという甘味料に分類されるものは、ここでの糖類の定義に含まれません。




簡単3step
パーソナルトレーニングの体験メニューを一括問い合わせ
  • STEP1

    フォームから
    問い合わせ

  • STEP2

    トレーナーから
    連絡が届きます

  • STEP3

    気になった
    体験メニューを
    選びましょう


パーソナルトレーニングに向いている人

パーソナルトレーニングはあなたのカラダに大きな変化を与えることは間違いありません。とは言え、相性の良いパーソナルトレーナーと出会わなければ日々のトレーニングが苦痛になってしまうことも…