パーソナルトレーニングとは|1から理解し使いこなすための知識

監修者プロフィール

金田大治郎|パーソナルトレーナー

金田大治郎|パーソナルトレーナー

幼い頃から鈍臭く運動音痴で肥満児。高校時代は陸上競技に励むが、腰痛に悩まされ椎間板ヘルニアと診断される。そこから正しい運動方法・理論に興味を持ち、日本体育大学に進学。進学後はスポーツ指導について学び、現在はトレーナーとして活躍している。




海外では当たり前のように利用されているパーソナルトレーニング。日本国内では「アスリートが受けるもの」「芸能人が受けるもの」というイメージが強く、これまで一般ではあまり利用されてきませんでした。

ところが、近年は「結果にコミットする」というコピーでお馴染みの「RIZAP(ライザップ)」の影響もあり、その存在が徐々に認知されつつあります。

パーソナルトレーナーのテレビへの露出も増えてきたため、「これまでフィットネスやトレーニングに縁がなかったけれど、パーソナルトレーニングに興味を抱き始めた」という方も多いことでしょう。

そこで今回は「パーソナルトレーニングのメリットやデメリット」「パーソナルトレーニングを利用するまでの流れ」など、パーソナルトレーニングに関するあらゆる情報をまとめました

パーソナルトレーニングとは

「パーソナルトレーニング」とはトレーナーと1対1(あるいはトレーナー1人に対して数人程度の生徒)でトレーニングを行うことを指します。「トレーニング」と言っても「筋力アップ」や「運動能力の向上」ばかりが目的になる訳ではありません。

「ダイエット」「ボディメイク」「健康維持」「柔軟性の向上」など利用者の希望に応じて様々な目的が設定されます。

あなたに代わってパーソナルトレーニングの体験メニューを無料でお探しします。
1分で完了する簡単な質問にご回答頂ければトレーナーよりメールで連絡が届きます。

TOREMOは、パーソナルトレーナーの体験メニューを紹介するサービスになります。
お問い合わせ頂いた内容に沿ったパーソナルトレーナーより直接48時間以内にメールで連絡が届きます。

パーソナルトレーニングの2つの効果

パーソナルトレーニングの効果は主に2つあります。

1つ目の効果は「自分の目的に合ったトレーニングを効率的にかつ安全に行える」ということ。パーソナルトレーニングでは、トレーナーが利用者一人ひとりの「体つき」や「目的」に合ったトレーニングメニューを組んでくれるため、自己流で行うダイエットやトレーニングよりも短い期間でかつ高い効果を得られる可能性が格段に高いと言えます。

2つ目の効果は「正しい運動習慣が身につく」ということ。カラダを変えるためにはパーソナルトレーニングを受けている以外の時間帯も、利用者が自分でトレーニングすること大切です。そのため、トレーナーは、利用者が自宅でもトレーニングを行えるように指導し、利用者は正しい運動習慣が自然と身につけられるのです。

パーソナルトレーニングを受けるメリット

ここからはパーソナルトレーニングのメリットとデメリットをそれぞれ紹介しますが、まずはメリットから見ていきましょう。

パーソナルトレーニングを受けるメリット

  • 自分にとって最適なトレーニングメニューを提案してもらえる
  • 効果的なトレーニングの方法を指導してもらえる
  • モチベーションの維持など精神的なサポートが受けられる

自分にとって最適なトレーニングメニューを提案してもらえる

すでに紹介したように、パーソナルトレーニングを受ける目的は利用者自身が設定します。

パーソナルトレーニングを受ける目的

  • 姿勢を良くしたい
  • 体を柔らかくしたい
  • 運動不足を解消したい
  • 結婚式までに痩せたい
  • 気分転換に運動がしたい
  • 筋肉をつけて体形に関するコンプレックスを解消したい

など、何でも構いません。トレーナーは利用者の悩みや希望を丁寧にヒアリングした上で、最適なトレーニングメニューを提案してくれます。

また、トレーニングのメニューを組む時にトレーナーが考慮するのは利用者から伝えられる悩みや希望だけではありません。

  • 骨格
  • 筋肉のつき具合
  • 姿勢(猫背である、反り腰であるなど)
  • 生活習慣(内股である、O脚であるなど)

など、利用者自身が気づいていないようなこまかい体の特徴も見抜いた上でトレーニングの計画を立てます。

パーソナルトレーニングで提案されるメニューは、本やWEBの記事に載っている「万人受け」のトレーニングではなく、その人自身に最適化されたものなのです。

効果的なトレーニングの方法を指導してもらえる

率直に言って、何も考えずに“ 頑張って”トレーニングに取り組んだとしても、得られる効果は薄く、結果が出るまでに相当な時間がかかってしまう可能性が高いと言えます。

筋トレは動作自体は単純なものが多いため、一見すると何も考えずとも出来てしまいそうに思えますが、実はウエイトの重量やトレーニングの頻度と回数、フォームなど、注意するべきところがたくさんあり、それらをきちんと意識しなければ最大の効果を得るのがなかなか難しいものです。

だからこそ、トレーナーがつきっきりで指導してくれるパーソナルトレーニングはおすすめ。「引き締めたい」「筋肉を肥大させたい」など目的に応じて適切な重量・回数設定をしてもらえ、さらには自分では気づけないようなフォームの乱れも指摘してもらえます。

モチベーションの維持など精神的なサポートが受けられる

ダイエットやボディメイクに欠かせない「食事管理」や「トレーニング」は継続してこそ意味があります。決して簡単とは言えない食事管理やトレーニングを継続できるかどうかは本人のモチベーションにかかっていると言っても過言ではありません。

とはいえ、モチベーションを維持することは口で言うほど簡単ではありません。特に、「頑張っているのに成果を感じられない」ような時は諦めてしまいがちです。この記事を読んでいる方の中にも「ダイエットに何度も挫折してきた」「筋トレが続かない」と悩む方は多いのではないでしょうか。

自分を変えたいけれど、何度も失敗してきた……」。パーソナルトレーニングはそんな方々にこそ受けてほしいサービスです。1人では挫折してしまうような場面でも、トレーナーのサポートのおかげで、きっと踏ん張ることが出来るでしょう。

運動習慣と生活習慣が身につく

カラダづくりを行うためにはパーソナルトレーニングを受ける以外の日も自分でトレーニングをしたり、体を動かしたりする必要があるでしょう。

そのため、トレーナーは「エスカレーターは使わずに、階段を使うこと」「毎朝1駅分歩くこと」など日常生活の中に運動を取り入れる方法を教えてくれたり、自宅でも出来るトレーニングメニューを作ってくれたりと、利用者が正しい運動習慣を身につけられるための指導をしてくれます

また、パーソナルトレーニングではカラダづくりを行う上で運動以上に重要な「食事」に関する指導も受けられます。

「糖質を控えて」「甘いものを食べないで」などの曖昧なアドバイスではなく、食事の内容をチェックし、アドバイスしてもらえるため、正しい食事管理の方法も自然と身につくでしょう。

パーソナルトレーニングを受けるデメリット

では、パーソナルトレーニングを受けるデメリットには何があるのでしょうか?

パーソナルトレーニングを受けるデメリット

  • スポーツジムに通う場合と比較すると費用がかさむ
  • 個室でトレーナーと2人きりになる
  • トレーナーとの相性次第ではトレーニングが苦痛になる

スポーツジムに通う場合と比較すると費用がかさむ

やはり、パーソナルトレーニングを受ける上で一番のネックになるのは「料金が高い」ということでしょう。

料金体系はジムやトレーナーによって異なりますが、都内でパーソナルトレーニングを受ける場合、60分8,000円から10,000円前後がおおよその相場です。したがって、週に1回60分のパーソナルトレーニングを受けた場合、1月あたりの出費は32,000円から40,000円になります。

このように説明すると、「高い……」と感じてしまう方もいるかもしれませんが、パーソナルトレーニングを受けることで得られるものの価値を考えてみると、一概に高いとは言えないはずです。

実際に「パーソナルトレーニングを受ける場合」と「スポーツジムに通う(自己流でダイエットやトレーニングを行う)場合」を比較してみましょう。

確かに、月額の料金だけを見ると、スポーツジムの方が断然安く済みます。しかし、「トレーニングの効果を実感出来るまでの期間」も併せて比較してみると、どうでしょうか。

  • 効果を実感出来ないままダラダラとジムに通う
  • ジム通いが続かず、月会費を払うだけの“ 幽霊会員”になる
  • 流行り廃りの激しいダイエット食品に手を出しては、結局続かない……

上記のような事態に陥り、長期的に出費が続くようであれば、最終的に「短期間で確実な効果を得やすいパーソナルトレーニングの方が安上がりで済んだ」となる可能性は大いに考えられます。

それに、パーソナルトレーニングを受ければ正しい生活習慣も身につきやすいものです。トレーナーから教えてもらったことが一生涯役に立つ財産になることを考えれば、料金に見合った価値と言えるでしょう。

パーソナルトレーニングでは事前に「体験トレーニング」を受けられます。「料金が高い」と感じている方も一度体験トレーニングを受けて、「料金に見合うだけの価値があるかどうか」を判断するとよいでしょう

あなたに代わってパーソナルトレーニングの体験メニューを無料でお探しします。
1分で完了する簡単な質問にご回答頂ければトレーナーよりメールで連絡が届きます。

TOREMOは、パーソナルトレーナーの体験メニューを紹介するサービスになります。
お問い合わせ頂いた内容に沿ったパーソナルトレーナーより直接48時間以内にメールで連絡が届きます。

個室でトレーナーと2人きりになる

パーソナルトレーニング中は、「マンツーマン」という特徴上、1つの空間にトレーナーと2人きりになることが多くあります。

「2人きりでトレーニングをする」ということを、「他人の目を気にする必要がないから気楽」とメリットとして受け取る方もいれば、中には「何かトラブルが起きるかもしれない」という不安に感じる方もいるかもしれません。

最近はマンションの1室など、トレーナーを自宅に招いてトレーニングを行う場合も多いですが、それだと完全な密室になるため、同じ個室でも、出来ればジムのトレーニングルームを使った方がより安心でしょう

また、個室のトレーニングルームに不安を感じる方は、多数の人が近くにいるような広い場所でのトレーニングを希望することもできます。トレーナーを探す時に、「トレーニングを行う場所」がどこに設定されているか、チェックしましょう。

パーソナルトレーナーとの相性次第ではトレーニングが苦痛になる

パーソナルトレーニングではトレーナーとユーザーの距離が近くなるため、互いの相性が非常に重要になってきます。もしも相性が悪ければ、「トレーニングを苦痛に感じる」「モチベーションを維持出来ずに頑張れない」ということにもなりかねません

パーソナルトレーニングを受ける時は、トレーナーとの相性を重要視しましょう。

そして、その際にまずはトレーナーの「得意分野」を確認してください。例えば、「マッチョになりたい」という利用者が「得意分野がダイエット」のトレーナーを選んでしまうと、「想像していたトレーニングと違う……」という事態になりかねません。

加えて、厳しく指導を行うタイプなのか、あるいは優しく指導を行うタイプなのか、トレーナーの性格や人柄もチェックしましょう。この点に関しては人によって好みが分かれるため、自分がより頑張れる方のタイプを選ぶことをおすすめします。

ただし、トレーナーの性格や人柄に関しては実際に会ってみないと分からないかもしれません。そのため、体験トレーニングを受けて、自分で確認するのが一番です

 

まずは体験トレーニングを受けるのがおすすめ

パーソナルトレーニングでは事前に体験トレーニングを受けられることがほとんどです。

体験トレーニングではトレーナーによるカウンセリングを受けたり、メニューの一部を体験したり出来るため、まずは体験トレーニングを受けてみることを強くおすすめします。

体験トレーニングを受ければ、「料金に見合った価値を提供してくれるトレーナーであるか」「どのような人柄をしているのか」「教え方は分かりやすいか」など、写真や文字による情報だけでは伝わりにくい部分も、実際に顔を合わせてコミュニケーションを取ることで確認出来るでしょう。

また、「パーソナルトレーニングが自分に合うかどうか分からない」と迷っている方も、まずは、一度体験トレーニングを受けてみることをおすすめします。指名したいトレーナーが特にいない場合は複数のトレーナーの体験トレーニングを受けて、比較してみてもいいかもしれません。

あれこれ悩むよりも、まずは思い切って体験トレーニングを利用してみましょう。

あなたに代わってパーソナルトレーニングの体験メニューを無料でお探しします。
1分で完了する簡単な質問にご回答頂ければトレーナーよりメールで連絡が届きます。

TOREMOは、パーソナルトレーナーの体験メニューを紹介するサービスになります。
お問い合わせ頂いた内容に沿ったパーソナルトレーナーより直接48時間以内にメールで連絡が届きます。

パーソナルトレーニングを開始するまでの流れ

パーソナルトレーニングの利用を開始するまでの流れを簡単にご説明します。

STEP1.体験トレーニングのお問い合わせ

まずは体験トレーニングを希望する旨をトレーナーに問い合わせしましょう。「料金」「場所」「トレーナーの性格や人柄」「トレーナーの得意分野」などに注目しながら、自分の条件に合うトレーナーを探してください。

STEP2.事前のカウンセリング

体験トレーニングの問い合わせが完了したら、トレーナーによるカウンセリングを受けます。パーソナルトレーニングを受けようと思ったきっかけや、自分が抱える体に関する悩みを相談します。

また、当日のトレーニングで聞いてみたいことや行いたいことなどの希望があれば併せて伝えてください。

STEP3.体験トレーニングの実施

体験トレーニング当日です。トレーナーとコミュニケーションを取りながら、相性を確認します。トレーナーの性格や、トレーニングのスタイルなどが自分に合うかどうか見極めましょう。

STEP4.契約

体験トレーニングを受けて、「目標に向かってこのトレーナーと一緒にトレーニングをしたい!」と思ったら、契約に移ります。ここで料金やトレーニング頻度の相談も行うケースが多いです。

STEP5.トレーニングの開始

いよいよトレーニングが始まります。目標達成に向かってトレーナーと二人三脚でトレーニングに励みましょう。

【トレーナーに聞いた】パーソナルトレーニング関するQ&A

ここでは、パーソナルトレーナーの金田大治郎さんに読者から寄せられた悩みや疑問にご回答頂きます。

それでは金田さん、よろしくお願いします!

金田大治郎トレーナー

こんにちは!パーソナルトレーナーの金田です。よろしくお願いいたします!

Q1.トレーニングしている姿を他人に見られたくありません。

金田大治郎トレーナー

スポーツジムだと、同じ空間にたくさんの人がいるため、他のお客様の視線が気になりやすいですよね。

お客様の中には「体のラインが出やすいトレーニングウェアを人前で着ることに抵抗を感じる」「トレーニング姿を他人に見られたくない」「トレーニングをしていること自体を人に知られたくない」という理由から、パーソナルトレーニングを選ばれる方もいらっしゃいます。

パーソナルトレーニングでは、個室でのトレーニングを希望することも可能です。他のお客様の目が気になるという方も安心してトレーニングに集中出来るでしょう。

なるほど。人の目を気にする必要がないため、トレーニングにも思いっ切り取り組めそうですね。

Q2.トレーニング当日に体調が悪くなってしまった……。そんな時はどうすればいいですか?

金田大治郎トレーナー

体調が良くない時は無理をせず、トレーニングを休んだ方がいいでしょう。ただ、「休むほどではないけれど、いつもと同じくらいの運動量をこなすのはキツイ」という場合はトレーナーにその旨を伝えてください。

体の状態は日によって異なります。そのため、お客様の体調に合わせてトレーニング内容を調節することも可能です。

へぇー!女性の場合、トレーニングの日が月経と重なってしまうことも考えられますが、その日の体調に合わせてトレーニングの内容を相談出来るのであれば安心ですね。

Q3.友達と一緒に利用することも可能ですか?

金田大治郎トレーナー

はい、可能です。最近では、ご友人やご夫婦同士で一緒にトレーニングをされるケースも多いですよ。その場合は「セミパーソナル」と言って、1人あたりの料金も安くなることが多く、「料金を抑えたい」という方にもおすすめです

ただし、トレーナーによってはセミパーソナルやグループレッスンを行っていない場合もあるため、トレーナーに事前に確認するようにしてください。

なるほど。周囲に「運動をしたい!」という方がいれば、誘ってみるのもアリですね。ただし、その場合はなるべく同じ目的を持った同士でトレーニングするのが良さそうです。

Q4.運動に慣れていないため、筋肉痛が心配です。

金田大治郎トレーナー

筋肉痛がひどい場合は、お客さんと相談してトレーニングの内容を変えることも可能です。

筋肉痛に限らず、体を動かす以上、怪我の可能性も少なからずあります。だからこそ、安全性を重視するなら、自己流のトレーニングよりもパーソナルトレーニングがおすすめです。

「筋トレ後に感じる痛みが筋肉痛なのか、怪我なのか分からない」という場合も、パーソナルトレーニングであれば、トレーナーに相談出来るため安心ですね。

Q5.パーソナルトレーニングに通う頻度や期間はどのくらいが一般的ですか?

金田大治郎トレーナー

頻度は利用者の目的によって異なりますが、理想を言うならば週に2回程度は通った方がいいと思います。特に、体を動かすことに慣れていない方は、まずは体を慣らすという意味でも、初めの1ヶ月は回数を多めに設定することをおすすめします。
同様に期間も目的によって様々ですが、短期間で集中的にダイエットをする場合は2ヶ月〜半年くらいが目安ではないでしょうか。

ただし、パーソナルトレーニングに割ける予算は人によって個人差があると思いますので、まずは週に1回からなど、無理のない範囲で始めても全然構いません。

理想は週に2回だけれども、週に1回など、自分のペースで決めても構わないということですね。金田トレーナーの回答にもあるように、トレーニングの回数や頻度は目的によって異なるため、トレーナーと相談の上決めましょう。

金田トレーナー、今回はありがとうございました!

まとめ

「料金が高い」というイメージが強いパーソナルトレーニング。しかし、憧れ続けた理想のカラダを手に入れられることを考えれば、決して“ 高い”出費ではないでしょう。

ただし、上でも述べたように、パーソナルトレーナーであれば誰でも良いという訳ではありません。トレーナーは同じ目標に向かってあなたと二人三脚で走るパートナー的存在になります。

トレーナーのプロフィールをよく調べたり、実際に体験トレーニングを受けたりして、「この人だ!」と思えるトレーナーを探しましょう。