女性のお腹が痩せない4大原因は猫背・皮下脂肪・セルライト・便秘

この記事をかいた人

TOREMO編集部はカラダの悩みを解決すべく筋トレ方法・食事・生活改善などの情報を発信しています。 また、TOREMOでは株式会社FiNCの「ダイエット家庭教師」というオンラインのダイエットプログラムの体験記事を配信しています。体験記事は記事カテゴリー「FiNC」よりご覧頂けます。




お腹が痩せないとお悩みのみなさん。

突然ですが、あなたのポッコリお腹が痩せない原因は何かご存知ですか?

「お腹が痩せない原因がわからない」という方は、自分の体に適した正しい対策法を選べていないがゆえに、十分な効果を得られていない可能性があるでしょう。

一口に「ダイエット」とはいっても、その方法はさまざまです。やみくもに手を出すのではなく、自分の体についてきちんと理解したうえで、適切な方法を選ぶようにしてください。今回は「女性のお腹が痩せない原因」について解説します。

女性のお腹が痩せない4つの原因

女性のお腹が痩せない原因について順番に解説します。ダイエットを成功させるために、まず「自分の体が痩せない原因」を知ることから始めましょう。

お腹が痩せない原因1.猫背になっている

上体が前に傾き、背骨が曲がってしまう猫背の姿勢では、本来、正しい姿勢を維持するために働いているお腹のインナーマッスルが衰えやすく、お腹まわりに脂肪がつきやすくなってしまいます。

また、お腹のインナーマッスルは姿勢維持のほかにも、内臓を正しい位置にキープするためにはたらいていますが、そのインナーマッスルが衰えることで、支えを失った内臓が下がってしまい、結果的に下腹が出ているように見えてしまいます

特に「全身は痩せているのに、ポッコリお腹が気になる」という方は内臓が下がっているがゆえに下腹がポッコリしてしまっている可能性が高いでしょう。

猫背になってしまう原因

猫背は長時間のデスクワークやスマホの利用など「生活習慣」と深い関わりがあります。

パソコンやスマホの画面を前かがみになって覗き続けることで、姿勢維持の役割を担う背筋やお腹のインナーマッスルが次第に衰えていき、猫背の姿勢が定着してしまうのです。

猫背を改善するためには、

  • デスクワークをするときやスマホを利用するときは背筋を伸ばすこと
  • 背中の筋肉を鍛えること
  • 衰えたインナーマッスルを鍛えること

の3つが欠かせません。

お腹が痩せない原因2.皮下脂肪がつきすぎている

三段腹になっている方や、お腹まわりの肉を指で摘めるという方は、お腹まわりに皮下脂肪が蓄えられている可能性が高いでしょう。

皮下脂肪は文字通り皮膚の下につく脂肪ですが、男性よりも女性の体につきやすいという特徴があります。また、一度ついてしまうと落ちにくいことから、一度預けると引き出しにくい「定期預金」に例えられることがあります。

余分な皮下脂肪がついてしまう原因

偏った食生活と運動不足により、消費カロリー量よりも摂取カロリー量のほうが多くなってしまっている

皮下脂肪を落とすためは、食事管理と運動に取り組んで、消費カロリーと摂取カロリーの不均衡をなくす必要があるでしょう。

さまざまな運動がありますが、皮下脂肪を落とすためにはウォーキングやゆっくりとしたペースのジョギング、水泳、ヨガなど、脂肪燃焼効果のある有酸素運動に取り組んでください。

運動習慣のない方からすると、運動によるダイエットはハードルが高そうに思えてしまうかもしれませんが、ちょっとした工夫をするだけで、運動の機会はつくれるものです。

例えば、通勤のときに会社の1つ手前の駅で降りて1駅分歩いたり、テレビを観ながらヨガをしたりといったことも、立派な運動です。

皮下脂肪を落とすためには、運動に継続して取り組まなければなりません。

急にジムやプールなどハードルの高いものに挑戦してしまうと、挫折してしまう可能性がありますので、日常生活のなかで手軽にできることからチャレンジしてみましょう。

【豆知識】体脂肪には2つの種類がある!

  • 皮下脂肪

皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪で女性の体につきやすい。体温調節機能や外部からの衝撃を緩和させる役割を担っている。内臓脂肪と比較すると健康への影響は少ないが、一度ついてしまうと落とすのが困難。

  • 内臓脂肪

内臓のまわりにつく脂肪で男性の体につきやすい。アルコールの過剰摂取や、脂っこい食べ物の食べ過ぎが原因でついてしまう。放置しておくと、生活習慣病やメタボリックシンドロームの原因になり得るが、食事制限など生活習慣を改善すれば、落とすのは比較的容易。

お腹が痩せない原因3.セルライトが形成されている

お腹は、二の腕や太ももと並んで、全身の中でもセルライトができやすい場所の1つです。おへそのまわりのお肉を摘んだときに、デコボコしたものが現れたら、セルライトができている可能性が高いでしょう。

セルライトは、脂肪細胞に老廃物が蓄積してしまうことで形成される脂肪のかたまりですから、「脂肪がつきすぎること」と「老廃物の排出が滞ること」により形成されやすくなります。

お腹にセルライトが形成されやすい原因

  • お腹には皮下脂肪がつきやすいから
  • アンダーウェアに圧迫されてリンパ管の流れが悪くなり、老廃物の排出が滞ってしまうから

セルライトの解消にはマッサージが効果的ですが、重度のセルライトになると、自力でのマッサージで解消するのはなかなか難しいでしょう。その場合はエステサロンや美容外科クリニックに相談することをおすすめします。

お腹が痩せない原因4.便秘になっている・ガスが溜まっている

お腹に張りを感じる場合は、便秘や腸内に溜まっているガスが原因でお腹がポッコリ膨らんでしまっている可能性が高いでしょう。

便秘やガス溜まりの主な原因

  • 腹筋が衰えていることが影響して、腸のぜん動運動が鈍くなっている
  • 脂っこいものを食べ過ぎているがゆえにガスを発生させる悪玉菌が増え過ぎている

便秘やガス溜まりを解消するためには、「筋トレ+腸内環境によい食生活」をおこなう必要があります。

筋トレを行うことで腸に刺激を与え「ぜん動運動」を活性化させると共に、乳酸菌や食物繊維を摂取することで腸内環境を整えてあげましょう。

「お腹が痩せない原因」を把握して適切な対策方法を選ぼう

今回はお腹が痩せない原因について解説しました。今回取り上げた4つの原因とそれに合った対策法を下の表にまとめましたので、もう一度確認してみてください。

お腹が痩せない原因 対策法
猫背になっている
  • デスクワークをするときやスマホ利用するときは背筋を伸ばす
  • 背筋を鍛える筋トレをする
  • お腹のインナーマッスルを鍛える筋トレをする・お腹のインナーマッスルを鍛える筋トレをする
皮下脂肪がつきすぎている
  • 食習慣を整える
  • 有酸素運動をする
セルライトが形成されている
  • マッサージをする
便秘になっている
  • 腹筋を鍛える筋トレをする
ガスが溜まっている
  • 食物繊維や乳酸菌を摂取して、腸内環境を整える

原因に合わせて適切な対策法を選ぶことはダイエットを成功させるためにはとても重要なことです。

この記事を参考にして原因に合った対策法を選び「お腹痩せ」を実現させましょう。